家系を見直してみる

髪

禿げっていうのは遺伝なんだろうか、と考えることがあります。
うちの場合、ざっくり言って禿が多い感じがします。

 

まず、父親が薄毛、その兄はまぁまぁ。
父の父は薄毛。
父の母の父は髪があった。
しかし、父の母の親戚は薄い人が多かったな。

 

母の父は薄毛
母の二人の祖父のうち、一人は少し薄い、一人はふさふさ。

 

こう見てみると、近い人には薄毛が多いんだな。
自分の兄弟は禿げではないけど、少しずつ薄くなってきているのがコワい。

 

まぁでもこれをもって遺伝といえるかどうかはわからないけど。
なんたって、親戚一同みんな禿げってわけじゃないしね。。

 

遺伝のせいにしておけば気が楽になるということはあるかもしれないけど。
でも、兄弟でも顔や性格や得意なことは違うように、髪についても血が濃いからと言って近いことはないのかもね。
他人に比べればやはり兄弟は似ているけど、髪質についてもそんな感じで似てるけど同じではないみたいな。

 

ただ、兄弟でも大人になってくると食べるものも違ってくるし、生活も同じというわけじゃないから。。
より禿げやすい環境に身を置いたものが禿げていくということもあるかも。

 

 

食べ物で言えば昔は今ほど添加物がなかったし、ストレスも少なかったような気がする。
でも昔も禿げてる人は禿げていたからね。
そう考えるとやっぱり遺伝みたいなのがあるのかなぁとおもう。

 

それにしても女はやっぱりいいな、と思う。
最近は女性でも薄毛の人が増えてるってことだけど、自分の親戚では薄毛は皆無。
やっぱり確率的には女性ははげにくいんだろうなぁ。